働き方

客先常駐って実際どうなの?

客先常駐とはIT業界によくある働き方です
自社ではなく顧客の会社内で仕事をします
働き方としては派遣社員と似ていますが正社員であることが多いです
正社員ですので給与はしっかりと支払われ、また派遣社員とは違い顧客から契約が切られたとしても解雇されることはありません
しかしネットでの評判は最悪で、客先常駐はやめておけといった意見が多くみられます

今回はそんな客先常駐という働き方の光と闇を解説します

客先常駐とは

文字通りお客様企業(=常駐先)に常駐することです
自分が所属している企業と実際の職場となる企業が別となる働き方です
IT業界では一般的な働き方です
自分1人で常駐する場合と自社社員数名のグループで常駐する場合があります

やめておけという根拠

スキルが身に付かない

俗にいう下流工程を担当することが多く、また場合によっては延々テスターをすることがあります
基本的には常駐先が用意した設計書を見ながら開発することが多く、一定以上のスキルが身に付かないことが多いです
そのためいつまでたっても担当する仕事の内容が高度なものとならず給与もあまり上がりません

人間関係が大変

短ければ1か月で常駐先が変わる場合があります
環境が頻繁に変わるのでその都度人間関係を1から構築しなければなりません
その人の性格によってはこれが負担になる場合があります

メリット

実務未経験者でも採用されやすい

多くの場合常駐先企業から高度なスキルは期待されません
そのため経験が浅い、もしくは未経験者でも採用される可能性が高いです
未経験者の場合はまずは客先常駐の仕事で経験を積んでその後のキャリアの足掛かりにすることができます

立ち回り方を工夫する

能動的に仕事をする

これは特に客先常駐に限らず仕事全般に言えることですが、言われたことだけやっているのではなく能動的に仕事をするようにしましょう
積極的にこんな仕事をやりたいとアピールすれば状況が変わるかもしれません
またこんなことができますといった自分のスキルをアピールすることも大事です
仕事を依頼する人があなたがどんなスキルを持っているか完全に把握しているとは限りません
そのため、自分のスキルをアピールしておけば新しい仕事を任せられる可能性が高まります

仕事は人間同士でやることであると意識する

あいさつぐらいはしましょう
結局すごいスキルを持っていても人間的に嫌われれば常駐先から契約を切られたりします
仕事している相手は人間であるということを心にとめ、あいさつや礼儀などにも気を配りましょう

もちろん常駐先社員に媚びる必要はありません
逆に媚びたりすると見透かされ評価が下がることもあります

出口戦略がしっかりしていれば客先常駐もあり

できるだけ経験を積んで別会社へ移籍する

経験が浅くても客先常駐の企業には採用されやすいです
まずは客先常駐で数年経験を積んで、実務経歴書を書けるようになって改めて転職活動をするのがおすすめです

常駐先企業への移籍を狙う

確率は低いですが常駐先企業への移籍ができるかもしれません
この場合業務内容や人間関係があまり変わらないというのが大きなメリットです