独立

こんな人はフリーランスに向いていない

フリーランスになれば年収〇〇万円!や仕事が自由に選べてゆとりのある生活ができます!などといううたい文句を目にすることが多いでしょう
さぞかしフリーランスは素晴らしい働き方のようですね
給料が上がらない、通勤が苦痛だ、職場の上司と合わない、数々の悩みがフリーランスになれば解消されます!
では誰も彼もがフリーランスになればいいのでしょうか?
答えは現実を見れば明らかです
今回はフリーランスにならない方が良い、フリーランスに向いていない人に関して解説します

そもそもフリーランスって?

会社に雇用されず個人で仕事を請け負う働き方です
様々なことを自分で決め、実行しなければなりません
会社員の場合同僚や別部署の人がやってくれるようなこともすべて自分でやらなければなりません
それと裏返しとなりますが、自由度が高い働き方です

会社員であればありえないようなことがフリーランスでは簡単にできたりします
例えば会社員の場合割り当てられた仕事がたとえ面白くなかったり、つらかったりしてもやらなければなりません
一方、フリーランスの場合は気に入らない仕事は受ける義務はありません
その代わり自分でなんでも決めて行動しなければなりません

こんな人はフリーランスに向いていない

嫌な仕事をやらなくていいなんて夢のような話だと思うかもしれません
一見すばらしい働き方のように見えますが、実際皆さんのまわりでフリーランスとして働いている人は多いでしょうか?
ことIT業界に限って言えば比較的多いかもしれませんが、それでもそんなに人数はいないのではないでしょうか?
圧倒的に会社員の方が多いことでしょう
なぜかというとフリーランスに向いている人というのが少ないからです

自己管理ができない人

勤務時間が決まっていなければ職場も決まっていません
自分で〇〇時から〇〇時まで仕事をする、のように自分できっちり管理できなければなりません
ダラダラと長時間労働になったり、納期前に慌てて徹夜をするような羽目になるでしょう

安定が欲しい人

会社員は毎月給与を受け取ることができます
フリーランスは契約が無ければ収入を得ることができません
今月収入があったとしても来月はその確証はありません
また、会社員であれば厚生年金に加入しますがフリーランスでも個人事業主の場合は厚生年金には加入できません
(※法人化していれば厚生年金)

決断力が無い人

フリーランスの場合あらゆる判断を自分で行わなければなりません
例えば備品を購入するなどお金の配分を考えたり、受けきれない量の仕事が来た場合どの契約を受けるかの取捨選択など大小さまざまな決断をしなければなりません
決断までの猶予があまりない場合が多く、即断する能力も必要になるでしょう

逆境に弱い人

あるタイミングで契約がすべてなくなり収入が0になってしまうこともあります
そのような状況でもへこたれることなく何をすべきかを考え収入を得る努力をしなければなりません

自分に自信を持てない人

自分なんて大したことできないというように自分に自信を持てない人は縮こまってしまい、自分の可能性を狭めてしまいます
できようができまいがチャレンジするという強い意志が必要です
もちろん謙虚さというものは必要ですが度を超すとマイナス要因にしかなりません