働き方

楽な仕事なんて存在しないってホント?

仕事は辛いものだ、苦労して人は成長する、などといった言葉を聞いたことがないでしょうか?
昔からよく言われていることですが、果たして本当なのでしょうか?

辛い仕事は存在する

ブラック企業

残業代が支払われない、暴言や暴力を受けるなどブラック企業といわれる企業が存在します
こういった劣悪な環境での仕事は辛い仕事といっていいでしょう
ブラック企業は早急に退職すべきです

適性のない仕事

適性のない仕事もなかなかにつらい仕事ではないでしょうか?
例えばあまり力や体力がないのに肉体労働をしたりだとか、机でじっと座り続けるのが好きではないのにデスクワークをするだとか自分の性格や適性とそぐわない仕事は辛いものです
ただ程度問題でもあり、まったく適性がないわけではなくあまり適性がない場合は慣れてくれば仕事に対して面白さややりがいを感じることもあり性急な判断は損をする場合もあります

楽な仕事

そもそも楽な仕事とはなんでしょう?

万人にとって楽な仕事

一般的な楽な仕事という言葉を聞いて想像するのが、万人にとって楽な仕事ではないでしょうか?
例えば寝てるだけでお金が儲かるなどのような仕事をイメージしていませんか?
確かにこのような仕事は存在しないでしょう

自分にとって楽な仕事

重要なのは自分にとって楽かどうかではないでしょうか?
自分にとって楽な仕事とは、ストレスが無く、やりがいを感じられ、そこそこの収入を得られる仕事だと私は考えています
あくまでも自分にとってというところが大事で、別の人がその仕事を辛い、しんどいと感じるかは関係ありません

例えば私はITエンジニアですので、朝から晩までPCに向かい誰としゃべることもなくプログラミングしています
私にとってはこの仕事は凄く楽で快適なものですが、他の人にとってはどうでしょう?
営業職の知人に言わせると「1日中椅子に座っているなんて考えられない!」とのことでした
その人からすると私の仕事は辛い仕事なのでしょう
でも私にとっては楽な仕事です
他人がどうとかいうのは関係ありません

探し方

好きなことを軸に仕事を探してみてはどうでしょう
ITエンジニアをやる前は何個か仕事を転々としていましたが、どれも辛い仕事だったので結局すぐ辞めました
私はもともと趣味でプログラミングをやっており、その流れで今のITエンジニアという仕事に巡り合いました
結局ITエンジニアを初めて十数年になりますが、長く続けられる仕事だと感じています

よく「好きなことを仕事にすると仕事で辛いことがあった場合逃げ場がなくなる」ということをよく聞きますが、本当に好きなら意外と大丈夫なものです
昔仕事のプログラミングでストレスがたまった時、趣味のプログラミングで好きなものを作って発散させてました
案外、仕事にしてしまえば趣味の部分と切り離せるものだと思います