独立

エンジニアがフリーランスになる(独立する)には

結論、なるのは簡単です

「フリーになります」と宣言するだけで、その瞬間からあなたはフリーランスです
何が言いたいかというと、特別な資格や免許は必要無いということです
医師や弁護士のように難しい試験に合格する必要もありません
一般的には会社員になるのも採用試験に合格する必要がありますが、フリーランスになるのにそのような試験を受ける必要もありません
重ねて言いますが「フリーになります」と宣言すればその瞬間にフリーランスになれます
エンジニアに限らずどんな業界や職種でも誰でもフリーランスになれます
続けられるかは別問題ですが。。。

なるのは簡単、続けるのは難しい

フリーランスになるのは簡単です
ただそれを継続してなおかつ人間らしい生活を維持していくのはかなり難しいです

会社員の場合は会社が毎月給料を払ってくれます
まれに遅配するようなひどい会社もありますが、基本的には毎月一定額が銀行口座に振り込まれることでしょう

その一方でフリーランスはどうでしょうか?
フリーランスの場合は契約に対して対価が支払われます
1契約いくらというお金の入り方になります
継続的に契約があれば毎月収入がありますが、単発や短期の契約の場合、その契約が終了後は一切お金が入らなくなります
その場合、別の契約を探す必要があります
仮に継続的な契約を結んでいたとしても景気動向や取引先企業の事情で契約が終了する可能性もあります
そのような状況を考慮し、いずれにせよ常に新しい契約(=お客さん)を探す必要があります
この収入面での不安定さが理由でなかなかフリーランスであり続けることは難しいです

そもそも多くの人が1つ目の契約を取るので挫折するのではないでしょうか

フリーランスに向いてるのはこんな人

フリーランスという響きがなにかカッコイイもののように聞こえますが、大多数の人にはおすすめできない働き方です
やらなければならないことが多すぎる、金銭面での不安が常に付きまとう、社会的地位が低いなど、ネガティブな要因が多いからです

フリーランスに向いている人は以下のような人でしょう

なんでも自分でできる(やる)人

独立して初めて思っていたよりもやらなければならないことが多いということに気が付くでしょう
例えば役所などへの届け出や、お金の計算など本業以外のことも同時にやらなければなりません
エンジニアとして会社で働いていた場合、開発だけをやればいいのですが、独立した瞬間事務や経理や営業など他部署でやってもらっていた事すべてを自分でやらなければならなくなります
経験が乏しいことをやらなければならないので、やり方を調べたり色々な面で苦労をすることになるでしょう
そういったことも苦にならず、自分でなんでもできる人であればフリーランスという働き方もできるでしょう

常に動き続けられる人

前述したように収入は不安定です
常に新しい顧客を探す必要があります
また、同業他社との競争になるのでエンジニアであれば常に新しい知識や技術を習得しスキルアップを常に行う必要があります

組織になじめない協調性のない人

会社員として働いてみたけどどうもしっくりこない
ルールに縛られて仕事が面白くない、そう感じる人もフリーランスが向いていると思います

まとめ

広告などのうたい文句では月収100万円以上などと景気のいいことが書いていたりします
確かにそれだけ稼げる人もいますが、あくまで広告だということを理解してください
大多数の人はうまくいかず、一度はフリーランスになっても結局会社員に戻ります
フリーランスという働き方は向いている人にはすごく良い働き方ですが人を選ぶということです